ボンデ鋼板(ぼんでこうはん)とは、薄鋼板に亜鉛の電気メッキを施し、リン酸被膜処理を行った鋼板のことを言います。塗膜の付着性が高く、耐食性に優れます。この処理剤をボンデ剤と言い、新日本製鉄がボンデ鋼板を製造、販売した際の商品名となります。亜鉛メッキにより鉄の表面が亜鉛に覆われることで、防錆効果が発揮されます。JISではSECCと表され、メッキが薄いために主に室内の建材金物や家具、家電製品などに用いられます。

板厚は0.6㎜、0.8㎜、1.2㎜、2.3㎜、3.2㎜の7種類となります。表面に小さな傷が出来た場合でも、亜鉛が自己溶融して表面を覆います。ボンデ鋼板は薄く均一なメッキ被膜が形成され、熱を加えずメッキを施すことから、鋼板の強度も維持します。一方、溶融亜鉛メッキはJISではSGCCと表され、ボンデ鋼板よりも亜鉛メッキの塗膜は不均一ですが、厚い被膜で覆われます。ボンデ鋼板より耐食性は高くなります。

同様の鋼板にガルバリウム鋼板がありますが、それはアルミと亜鉛との合金でメッキ処理をした鋼板となります。いずれも耐食性を考慮して開発された鋼板となります。使用する場所、用途、外観、機能を考慮して選定を行います。新日本製鉄以外のメーカでも同様の電気亜鉛メッキを行った商品はあり、川崎製鉄はリバージング、神戸製鋼はコウベジンク、住友金属工業はスミジング、日本鋼管はユニジングと言う商品名で、製造、販売されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。