火頭窓は「かとうまど」と読む。「火灯窓」「架灯窓」「花頭窓」「華頭窓」はすべて「かとうまど」と読み、意味はほぼ同じ。石山寺の「源氏の間」で見られることから、「源氏窓」とも呼ばれる。

もともとは中国から伝来した様式の窓で、日本では禅宗建築の窓として使われていた。安土桃山時代以降は、神社や天守閣、書院造や数寄屋造の建物などにも取り入れられるようになった。現在でも、金閣寺や銀閣寺、姫路城・犬山城・松本城など、多様な歴史的建築物で火頭窓が見られる。
火頭窓の大きな特徴は、窓の上部が火灯曲線と呼ばれる尖頭アーチ状になっていること。形が炎に例えられるため「火頭窓」と言い表すが、「花頭窓」などの表記は尖頭アーチを花びらの形に例える場合である。上部が琴柱の形をしたものや、頂部が円弧のものなども作られている。

火頭窓の窓枠は黒漆塗にすることが多い。建具には、細間の柳障子など、窓枠の外側に引き違い戸または引き分け戸が2枚ないし4枚入る。
ただし、火頭窓は雨仕舞いが良いとはいえない。機能的であるとはいえず、装飾としての役割が強い。
近年では、耐火性に優れるアルミサッシの火頭窓も製造されている。寺の改修で木製の窓をアルミ製の火頭窓に交換する事例がある。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。