出窓とは建物の壁よりも外側に張り出している窓のことです。台形出窓や弓型出窓、三角出窓といった種類があります。

基本的に、出窓の突き出した部分は床面積に算入されません。しかし、以下のような条件を満たす必要があります。

1つ目は、床面から出窓の下までの高さです。建築基準法では、30cm以下にするよう指定されています。

2つ目は、周囲の外壁面からの水平距離です。出窓の奥行が50cm以下になるように仕上げます。また、出窓の見付面積の半分以上を窓にする必要もあります。出窓の空間内の面積の合計が、出窓の見付面積です。

出窓は採光面に優れているため、部屋全体が明るくなります。また、出窓を収納スペースとして活用することも可能です。奥行のある出窓によって、空間を広く感じることが出来ます。しかし、出窓は外気による影響を受けやすいとされています。夏は温度が上昇し、冬は結露が発生しやすいです。出窓の中には、断熱性や結露への対策を施したものもあります。

出窓の設計を行っているのは建築士です。建築士の主な仕事は、建築物の設計図を作ることです。建築に関する法律を守り、防災面も考えて設計していきます。建築士の資格は、一級建築士や二級建築士などに分かれています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。