バタ角とは、漢字で「端太角」と表します。文字通り「丸太の端」から取った「角材」という意味です。直径の太い木材から角材を切り出していくと、端の部分で取れるものは、一部に丸みの残ったものや皮がついたままの材木になります。これをバタ角というのです。バタ角は木造建築で正規の角材としては使えないため価格が安く、主に土木用資材として用いられるコストパフォーマンスに優れた材木です。

スギやヒノキのバタ角は90mm角の3m、4mものが主に流通しています。用途によってさまざまな長さに加工が可能で、新品だけでなく使い回した中古のバタ角も販売されています。バタ角の用途は、コンクリート型枠の補強材、トラックの荷台に敷く枕木、木杭や土留め用などです。重量物を仮置きするときに下敷きとして使うバタ角は、「りん木」とも呼ばれます。このように土木用資材として利用するほか、一般家庭のDIYなどにも活用できます。

バタ角は金属製パイプのことも指します。木材は割れるリスクがあり、強度的にも足りないことから金属製の角材を使うことがあり、60mmや10mmの角材パイプがバタ角と呼ばれるようになりました。また、足場用の単管パイプは「バタ丸」と呼ばれており、いずれも「端に使う」という意味が含まれているようです。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎