B型バリケードは、人の立ち入りを制限したい場所の防護フェンスとして、工事現場や作業スペースを仮囲いするために用いられます。仮設用材で、現場では「Bバリ」と略していわれることが多く、他にも「ガードフェンス」や「ネットフェンス」と呼ばれることもあります。また、サイズは「1800mm×1800mm」が一般的で、下の部分が金属でふさがれており、上部がメッシュ状になっているのが特徴です。上部がメッシュ状なので向こう側が見えてしまいますが、見えることで何らかの支障がある場合はシートなどで視線を遮ることもあります。単に工事現場などを囲うだけではなく、人が通れるような扉付きのものもあります。

その他、B型バリケードのほかに「A型バリケード」があります。横から見るとアルファベットのAのような形をしており、足を開いて立てるのが特徴です。主に道路工事でよく使用され、頂部からは看板がぶら下がっています。看板部分には、「安全第一」や「通行止め」、「工事中」などの文字が書かれており、種類はさまざまです。会社によっては本来のA型バリケードを使用する機会があまりないので、単管バリケード(ウマ型バリケード)のことをA型バリケードと呼んでいる会社もあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。