英語でテーパー(taper)とは、傾きや勾配のこと。建築の世界でも、細長い構造物の幅や厚みなどを設計で薄くすることを「テーパーをつける」などという。

石膏ボード(プラスターボード)の面の取り方には、スクエアエッジやベベルエッジの他に、テーパーエッジがある。ボードの横面を垂直にカットしたものがスクエアエッジ、斜めにカットすればベベルエッジ、ベベルエッジよりもさらに先細りさせてカットしたものがテーパーエッジとなる。
気密性の高い丈夫な壁を作るドライウォール工法では、テーパーエッジの石膏ボードを用いるようにする。天井や内装壁に石膏のテーパーボードを張り、ボードの継ぎ目にパテやジョイントセメント、ジョイントテーピングを施して、継ぎ目をなくしてしまう。その上から下地材やペイントを塗布して仕上げる。

しかし、日本においては現状でテーパーエッジのボードがあまり普及しておらず、大半がスクエアエッジボード(平ボード)またはベベルエッジボードである。テーパーエッジがそれほど広まっていないのは、ボード張りや下地のパテ埋め込みなどに手間がかかることが原因と考えられる。そのため、建築現場ではベベルエッジでドライウォール工法を行っていることが多い。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。