車知(シャチ)とは、車知栓の略称で、木材の継ぎ目を、補強するための部分。一般に、組木とも言われる。実際に補強する際は、適当な木材を打ち込み、その車知とパズルを合わせるように他の木材を継いでいく。このとき、車知は木目に対して斜めに打ち込まれるのも特徴。現代では、くぎやビス、ネジなどの金物で木材と木材を繋げる「在来工法」と呼ぶ施工方法を多く採用してるが、

古くに作られた家屋や伝統的な建築物では、よくこの工法が使われており、主に柱と桁を接続する際に見られる。一見、金物を使った方が、接続の強度は高そうだが、圧倒的に車知を用いた施工方法の方が圧倒的に強度は高い。その理由として金物を使った場合、木の経年劣化によって、ボルトなどが緩み、結果、強度が低くなってしまう。

逆に、車知を用いた接続は、揺れや衝撃を分散できるように、細かい計算と墨だしをするためかなりの強度を誇る。そのため、本来であれば、車知を使って木材を継いでいくのが理想だが、このような施工するためには、やはり木の性質を熟知し、正確な施工ができる職人でないと難しいため時が経つにつれて、車知が使われている建築物が少なくなったと言える。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。