楔(くさび)とは、木や金属などで作られた先がV字の道具です。ちょうどケーキを切り分けたピースのような形をしています。使い道は以下の通りです。

・V字の先端を部材と部材の隙間に打ち込んで固定

・石などに穴を開け、そこに差し込んで割る

大昔から活用されている工具であり、原始的な道具です。古代の遺跡からも多く出土していて、その歴史はとても長いです。

日本の建築の伝統工法では、貫(ぬき)と楔が欠かせません。たとえば、木の柱に穴を開けて横ぐしに貫材を通します。そして、その穴と貫材の隙間に楔を打ち込みしっかり固定します。これは木を木で固定する伝統工法です。

日本古来の工法では、基本的に構造部分には金属を使いません。伸縮率の違う金属は気温の変化で木を傷めるためです。木材同士なら長い年月も接合部分が緩まず長持ちします。ただし、木が裂けると強度はなくなります。

貫工法は変形性能もあり、土壁と併用すれば揺れにも強いです。ただ、現在では建築においてはほとんど使われなくなりました。楔は部品として活かされ、調整楔として流通しています。

建築の要であった楔は、言葉のうえでも役割を持ちました。たとえば「楔を刺す」という言葉は、念を押す意味で使われます。「楔を打ち込む」という言葉もあります。スポーツで相手戦力を分断する際に使われることが多いです。これらは慣用句として生活の中に定着した例えです。それだけ楔は強固な道具であり、重要な部品と言えます。

【参考動画】

こちらの動画では楔の作り方について解説されています。

家具職人KN DEEP

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。