弱電は強電の反対の意味で使われます。使用用途としては、通信線などの強い電力を必要としないものに対し使用されることが多いです。例として、エアコンを動かす際、エアコンを動かすための要となる部分の電力を強電線でまかない、スイッチなどの信号を送る線を弱電線でまかなったりします。
 
強電は、低圧または高圧、特別高圧の3つがあります。この3つ以外の電気を弱電と呼んでいます。
弱電は電圧が低い為、強電のように感電の心配が低く、比較的安全な線です。このため、電柱などを見ると、電柱の一番上に高圧線があったりします。できるだけ手の届きにくいところに設置することが安全上好ましいからです。逆に、通信線などの弱電の線は一番下方に設置してあります。触れても感電する心配が著しく低い為です。ですが、弱電の線はデリケートな線であることが多いです。通信などの信号を扱うため、少しのノイズが入っただけで、大きな影響が発生することがあるからです。例えば、高圧線から発生する電磁波の影響で、通信線に様々な悪影響が発生することがあります。このため、ノイズの発生源となるものから、できるだけ遠ざけたり、シールドで覆ったりする必要があります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。