水勾配(みずこうばい)とは、排水のために設けられた勾配のこと。
水勾配は、下水道管や雨樋などに使われる。水平から少しだけ傾ける程度の緩い傾斜を付けることで、雨水や汚水をスムーズに流し去るようにする。

また、本来は水平であったほうが良い地面や床、駐車場やベランダなどにも設けられる。雨や散水の後に水溜りができないようにするためや、水洗いをした後に汚れや水を流せるようにするなどの目的がある。
水勾配をつけておかないと、排水ができないのはもちろんのこと、カビやコケなどが発生しやすくなる。水溜りができやすくなり、冬場は凍って転倒するおそれがある。駐車場の場合、車がスリップする原因となる。
水勾配の程度を表すのには%(パーセント)が使われる。1mで1cm下がると1%になる。一般的に、水勾配は2〜3%であることが多い。
ただし、水勾配を分数で表す場合もある。その場合、1/100が1%、1/50(2/100)が2%となる。
なお、「動水勾配」という建築用語もあるが、読み方は「どうすいこうばい」である。水の動きを決定付ける要因の1つで、水が流れる方向の単位距離あたりの水頭(水圧)の差をいう。動水勾配の計算は、損失水頭を距離で割って求められる。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎