柱や梁を露出させた壁を真壁(しんかべ)と言います。壁を柱と柱の間に設けることで、柱が外面に見えるように造っています。元々は和風の木造建築において用いられる言葉でした。しかし今では、柱を見せる壁全般を真壁と呼ぶようになりました。

日本家屋や寺社仏閣で多く見られる日本古来の技法です。真壁には塗り壁と張り壁の2種類あります。塗り壁は漆喰などを塗り重ね、張り壁は壁紙を貼って仕上げます。

柱や梁には上質で木目の美しい木材が使用されます。重厚感を演出しながらも、木の温もりが感じられるのが特徴です。柱には湿気に強いヒバが用いられます。梁には耐久性が高いスギが使用されることが多いです。柱や梁が温度や湿度を調整してくれるのです。

真壁は純和風住宅や和モダン住宅で多く採用されています。吹き抜け部分を真壁にすれば、開放感のある空間に仕上がります。珪藻土や漆喰の塗り壁との相性が抜群です。部屋が少し広く取れるのもメリットです。

建築業界で真壁に携わる仕事は、設計職や技術職です。しかし営業職も真壁について知っている必要があります。真壁造りは、和の雰囲気が好きな人に人気があるからです。和風建築に携わる仕事なら、真壁について理解しておく必要があります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。