ビジュアライズは、可視化することを意味しています。近年は、建築ビジュアライゼーションという言葉が多く使われるようになってきました。建築ビジュアライゼーションとは、建築を可視化することです。建築の何を伝えたいのかを整理して表現することを意味しています。もともとは欧米の建築シーンで誕生し、2016年頃に日本に上陸してきた概念です。

具体的には、「モノ」と「コト」で可視化するとわかりやすいといわれています。例えばモノであれば、建築の形状、素材、光、陰影、配置などが該当します。モノは説明的になりやすいというデメリットがあるので、それを防ぐために素材感などをより細かく表現する必要があります。中でも、光と影を象徴的に表すことでモノをさらに美しくみせることが可能です。建築全体の印象も良くなるでしょう。また、コトは建築が生み出す体験や感情など抽象的なものです。

その他、似ている建築用語として「建築パース」があります。建築パースは、コストや形状をわかりやすく示すのが特徴です。それに対して建築ビジュアライゼーションは、クライアントに向けてより情緒的なメッセージを伝えるためのものです。両者は意味を混同しやすいため注意が必要です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。