Value for Moneyの略。金額に対して質の高い業務を提供するという考え方です。建設業では主にPFI事業において用いられる言葉です。PFIとは官民が協力をして、民間の技術力・経験などを活かし、施設の運営・維持管理にまで携わる方式です。PFIを採用した場合に、従来と比較して、どれだけ事業費を削減できるかを表す指標です。

またはこの指標を用いてPFI事業を採用するかどうかを検討します。この指標は従来の公共事業のライフサイクルコストからPFI事業のライフルサイクルコストを引いた値を、従来のライフサイクルコストで割って得た値となります。

ただし、この計算を行う場合、金額の時点修正(現在価値化)を行なった数値を使用します。この値が大きいほどPFI事業によって得られる効果は大きいと言えます。また、この値には計画段階で検討のために試算するシュミレーションと、入札を経て落札者を決定したのちの実際の値があります。シミュレーションの数値と実際の数値との差はプロジェクトによっても異なります。
このvfmは、機能発注、業績連動払、リスクの最適分担、競争原理の4つの要素により構成されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎