用途とは、建物を建築するときに、居住用、商業用、工場用などのように、どのような目的で使うかを決定し申請することです。建築基準法では用途といわれますが、不動産登記法では種類といいます。例えば、分譲マンションの場合は共同住宅、居住用一軒家の場合は一戸建ての住宅といった用途になります。建物の用途は、快適な生活環境を守る目的で決められています。

また、用途には、「主要用途」、「付属用途」、「従属用途」などがあります。主要用途とは建築物の主要な用途のことを指しています。付属用途と従属用途は、具体的には玄関ホールやトイレなどのことで、主要用途とは区別されています。さらに、非住宅の用途は、建築物エネルギー消費性能基準によって8つの用途に分類されています。8つの用途とは、「事務所等」、「ホテル等」、「病院等」、「百貨店等」、「学校等」、「飲食店等」、「集会所等」、「工場等」です。

その他、既存の建物の用途を変更する場合には、原則として建築確認申請書が必要とされています。ただ、用途変更ができないケースもあるので、申請の前に用途変更ができるかどうかを事前に調べておく必要があります。具体的には、用途地域の確認、建築基準法の確認、立地の確認などをします。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。