転がし配線(ころがしはいせん)とは、配管を用いずに、天井裏などにそのまま配線を敷設する方式のことです。電気設備の基準を示す内線規程(JEAC 8001-2016)の中に「ケーブルは、隠ぺい配線の場合において、ケーブルに張力が加わらないように施設する場合に限り、ころがしとするこができる。」と記載があります。天井裏やフリーアクセスフロア内で点検口等により保守、点検、更新が可能な場合や、住宅等の天井裏で内装の更新時以外にケーブルの更新が見込めない場合に用います。

ただし、ケーブルを束ねたまま配線をすると、放熱性能が低下し、許容電力の低下を引き起こすことがあるので、敷設状況の管理は必要となります。電線は一般的に、内部の導体が絶縁体若しくは保護被覆で覆われていますが、ケーブルはその電線の上に、更に保護外被覆(シース)を施したものを言います。よって、基本的に電線管などの保護を要せず施工できる電線となります。

電線管やケーブルラック、ケーブルダクトなどの管路は、ケーブル自体の保護と将来、敷設されている内装や躯体を解体することなく、ケーブルの更新ができるようにするために設置します。電線管には樹脂製の合成樹脂可とう管、硬質ビニル電線管、鋼管製でねじなし電線管、薄鋼電線管、厚鋼電線管、等があり、その用途、目的に合わせて選定を行います。

「転がし配線」の「転がし」とは、「固定しない」という意味。同様な例として、配管を固定せずにコンクリート床に直接置いて配管することを「転がし配管」という。根太を直接床に設置したものを「転ばし根太」と呼ぶが、この「転ばし」も「転がし配線」の「転がし」と同じ意味である。

通常の配線は、ステップルやタッカーで配線を固定する。またはCD管やPF管などに配線を通す。
しかし、建物の二重天井や二重床では転がし配線にする場合がある。配線が床材や天井材に覆われているため、配線を保護する必要がない。それでも単に配線を転がしておくわけではなく、支持材を利用して配線を支えておく。

屋外の配線は転がし配線とするわけにはいかない。たとえ仮設の配線であっても同じ。地面に埋設するか架空線とする。
天井や床に転がし配線をする場合、天井材や床材に荷重を過度に掛けないようにする配慮が必要。天井材や床材でケーブルを損傷しないようにするためにも、ケーブルを整然と配線しなければならない。ケーブルラックなどを利用して、ケーブルをまとめておく。
また、弱電流電線やガス管、ダクトなどと接触しないように配線しなければならない。接触のおそれがある時は、保護テープなどで離しておく。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。