不陸は、平らではなく凹凸があること、あるいは水平ではないことを指します。例えば、床や壁面、接合面などに凹凸があるケースで使われることが多く、不陸があると表します。レベルが悪いという表現も同様の意味で使われることがあります。

また、ビルやアパートなどの原状回復工事を行うために床を剥がす際、土間コンクリートも一緒に剥がれてしまうことがあります。その時にできた凹凸を修繕することを「不陸調整」といいます。床の不陸調整の手順は大きく3つのステップに分かれています。

1つ目のステップは、目視や機械などを用いて不陸を把握します。機械を使用する際は、一般的にレーザーと呼ばれるものを用います。2つ目のステップは、実際に調整する作業です。基準となるレベルを決めて、基準より高い部分は機材やケレンで表面を削ります。一方、基準より低い部分はレベラーなどで埋めて補修します。他にも穴があったり、へこんでいる部分については、樹脂パテやモルタルをクレーパーなどを使用して補修します。

3つ目のステップは、床塗装などの仕上げです。不陸調整後はコンクリートがむき出しになっているケースが多いので、仕上げを行います。塗装などを行うことにより耐摩耗性や防塵防水性などが向上するので、結果床を守ることにつながります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。