単価(たんか)とは、建設資材の1つ、または1単位当たりの価格を示したものです。建設の積算は基本、数量×単価で算出されます。コンクリートであれば1立米(m3)、鉄骨であれば1トン(ton)、屋根や壁材であれば1㎡(m2)、配管・配線であれば1米(m)当たりの単価に数量を掛けて算出することから、積算とも呼ばれます。

また、労賃も労務単価を用いて積算されます。工事の種別や量に応じて工事期間中に必要な人数(人工)を算定し、労務単価を掛けて算出されます。労務単価は国土交通省から公共建築工事の標準的なものが示されており、民間工事においてもそれを参考に設定されています。一方、数量×単価で積算されない経費、運搬、雑費等は一式という形で計上されます。これらの積算された金額の合計が建設費ということとなります。

また、積算された建設費を建物の延べ床面積の平米(m2)で割ったものを平米単価(円/m2)、坪数で割ったものを坪単価(円/坪)と言います。これは同様の用途の建物金額の比較する場合に用い、設計仕様や物価により変動する金額の指標となります。日本国内の場合、未だに建物の規模を坪数で表現するため坪単価(円/坪)が一般的ですが、国際化が進み海外の発注者からは平米単価(円/m2)の査定や判定が行われることが多くあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。