坪は尺間法による面積の単位で、明治26年に施行された度量衡法によって1間を6尺に1坪を1間×1間に定められた。メートル法への換算は1坪=400/121㎡で行う。

神社・仏閣の大きさは〇間×〇間と表すが、本来、間(けん)は柱間(はしらま=スパン)の数をさす言葉であって長さの単位ではなかった。古来、日本では長さの単位として尺を使用し、360尺=1町、36町=1里と定められていた。面積の単位は36歩=1畝、10畝=1反、10反=1町であり、1町(面積)=1町(長さ)×1町(長さ)とされていたが、同字がまぎらわしいため面積は1町歩と表記していた。

建物の床に畳を敷き詰めるようになった中世には畳寸法と柱間寸法の規格化が進んだと考えられるが、その長さは地域によって異なり木造建物には6尺3寸や6尺5寸のモジュール寸法をもつものが多く残されている。1坪を畳2枚分と説明されることもあるが、この関係が成り立つのは中京間(三六間)に限った話である。㎡単価と坪当たり単価を併記し建材のサイズを三六・四八と呼ぶことは慣例として残されているが、現在、取引や証明に尺貫法を用いることは法律で禁止されているため、正式には坪当たりではなく3.3㎡当たり、三六(3尺×6尺)ではなく910×1820mmとしている。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。