トレンチ(trench)の元の意味は「堀」や「溝」、「塹壕」などを指す。建築の世界でも、堀や溝などの意味でトレンチという言葉が使われる。
特に設備配管のために床下や土の中に設けた溝をトレンチと呼ぶ。排水管を通せば排水トレンチ、ケーブルを通せばケーブルトレンチ(またはケーブルピット)という。

排水トレンチは、砂利や砕石などを敷き、雨水や排水を濾過浸透させる仕組みとなっている。土壌浄化法などで使われることが多い。そのような仕組みから、浸透トレンチとも呼ばれる。

浸透トレンチには、透水シートやフィルターなども使用される。地下に埋設するため、浸透トレンチの上部を道路や緑地などにも利用できる。ただし、浸透トレンチに土砂などが流入すると清掃や復旧などが困難となるため、前後に浸透桝を設置することが必要。
その他にも、小規模の掘削工事に使用する矢板をトレンチシートと呼ぶが、単にトレンチと呼ぶこともある。アルミや特殊鋼など、軽量かつ薄く作られることが多い。運搬や施工・撤去が容易に行えるメリットがあるが、止水性にやや劣るデメリットも存在。
トレンチカット工法では、先に掘削予定地の外周にトレンチを掘る。トレンチに土止めを設けてから、内部を掘削していく。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。