「延べ面積」とは、建築物の各階の床面積を合計したものである。なお、「延床面積」という言い方が一般には知られているが、建築基準法では「延べ面積」で統一されている。
「建築面積」「建物面積」も、「延べ面積」に似た表現である。このうち「建物面積」は、不動産広告で「延べ面積」や「延床面積」と同じ意味で使われている傾向にある。

「建築面積」は、建築物を真上から見た時の、外周で求めた面積のことである。建ぺい率の計算基準として「建築面積」が使われる。
ロフトや収納スペース、出窓・玄関ポーチ・外部階段は延べ面積には算入されない。バルコニーの先端から2mまでの部分も同様。吹き抜けのような床がない部分も延べ面積には含めない。

注意すべきなのは、建築基準法における延べ面積と、容積率算定用の延べ面積は違うということ。自動車車庫や自転車駐輪場(どちらも床面積の合計から5分の1まで)、蓄電池・自家発電設備・貯水槽・防災用備蓄倉庫・宅配ボックスなどを設置した部分は、容積率を算定する際には含めない。エレベーターの昇降路や、共同住宅・老人ホーム等の共用廊下や共用階段なども同様である。
ただし、地方自治体によっては、延べ面積の算出方法において考え方が変わることもある。
気になる場合は、各自治体の担当課や民間の審査機関などに問い合わせると良い。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。