英語のタイト(tight)には、「きつい」「しっかり固定した」などの意味がある。ビジネスの世界では、「タイトな予算」「スケジュールがタイト」などと使われている。

タイトフレームとは、建築物の躯体と屋根の折板をつなぐための部材である。アーク溶接の隅肉溶接という方法で取り付ける。タイトフレームを固定した後に折板をハゼ締めし、ボルトや吊子で固定する。
タイトフレームを使用する折板屋根は金属製なので、耐火性に優れ、水はけも良い。また、加工しやすいため、工期を短縮できて工事費を抑えられる。折板屋根の価格自体も安い。

ただし、金属製のため夏場は高温になりやすいというデメリットがある。雨が降った場合、雨音が響きやすい。強風で屋根が外れることや、サビなどの経年劣化などにも注意が必要。
また、タイト材というものも建築物に用いられている。タイト材とは、ドアや窓などの密封性や遮音性を高めるために用いられる部材。
タイト材は、クロロプレンゴムやエチレンプロピレンゴムなどでできた、棒状または紐状の形をしている。気密性を守るための特殊な突起が加工されている。取り付けは、タイト材にあらかじめ付いている両面テープで接着。現場で必要な長さにカットして使用する。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。