干潟(ひがた)とは、湾や河口の場所で、河川から流れてきた砂や泥が堆積した部分で、干潮時に現れる土地のことを言います。干潟は生物の宝庫とも言われ、海水と淡水が混じり合い、多くの渡り鳥などの動物や昆虫、魚貝類が生育しています。国内では有明海の干潟が最大で、干潟面積は188㎞2程となります。独自の生態系があり、全国的にも珍しいムツゴロウが生息しています。国内では、農耕地や平地を確保するために、干潟の埋立てが行われて来ました。

東京湾でも江戸時代から昭和にかけて、河口域を中心に埋立てが進められ、明治後期に136km2あった干潟も昭和では10km2まで減少しました。また、秋田県ではかつて琵琶湖に次ぐ広さの八郎潟を20年に及ぶ干拓工事により、17,203haの土地を作りました。干拓により八郎潟は多くの動物、植物と共存しながら、大規模農業を行うことが出来るようになりました。世界最大の干潟はドイツ、オランダ、デンマークにまたがるワッデン海で世界遺産にも登録されています。全長約500㎞、総面積11,000㎞2になります。3200種類の生物が生息しており、世界的にも珍しい生き物もいます。これまでは海運や交通の便により干拓が進められてきましたが、これからは環境維持も配慮し、環境共生型の開発が進められるようになりました。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。