藁葺(わらぶき)屋根とは、藁で葺いた屋根のこと。
この場合、藁は稲に限られるわけではない。麦などイネ科の植物の茎を乾燥させたものを屋根に葺けば、藁葺き屋根となる。
尚、藁葺き屋根に似たもので茅葺き屋根(萱葺き屋根とも)がある。藁は稲や麦、茅はススキやスゲなど。しかし、いずれもイネ科の植物であるため、藁葺きと茅葺きが厳密に区別されているわけではない。

また、植物全般で葺かれた屋根という意味の言葉で草葺き屋根がある。しかし、茅葺き屋根も植物の種類にかかわらず草木で葺いた屋根の総称として使われている場合もあるため、言葉の使い分けが徹底されているとはいえない。藁葺き屋根と草葺き屋根との間でも、同様の混同が見られる。
藁葺き屋根は、竹や丸太で作られた垂木の上に縄や番線などで藁を固定して葺いていく。藁の厚さが15〜60cm程度になるように葺く。特に軒先は厚くしなければならず、スギの皮などで棟を覆っていき、竹や木の板で押さえる。

ワラで葺いた屋根とカヤで葺いた屋根との最大の違いは耐久性。カヤは油分を含んでいるため、茅葺き屋根の耐用年数は15〜20年、長くて40〜50年持つと言われる。しかし、ワラは水を吸い上げやすいため、耐久性に劣る。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。