ほぞ(枘)とは、木材、石材、金物などの2つの部材に、片方の端に突起、もう片方の溝を設けて接合することを言います。木材の接合で釘などを用いず部材の組み合わせのみで行う工法を「継手」と言いますが、その一つが「ほぞ継ぎ」となります。日本では弥生時代に「のみ」や「のこぎり」の鉄製工具が使われるようになり、木材の加工技術が発展して現れたと技法と言われています。

ほぞの形状により「平ほぞ」、「長ほぞ」、「短ほぞ」、「大根ほぞ」、「小根ほぞ」、「扇ほぞ」、「蟻ほぞ」、「輪薙ほぞ」、「流しほぞ」、「舟ほぞ」、「四枚ほぞ」、「二枚ほぞ」、「筏ほぞ」、「蝿頭ほぞ」、「扱(こ)きほぞ」、「抱きほぞ」、「杓子ほぞ」など様々あります。ほぞを差し込むための穴を「ほぞ穴」、部材加工の目印やほぞ穴の位置や大きさを示す墨のことを「ほぞ穴印」とも言います。「ほぞ継ぎ」は接着剤や釘を用いるより強固な接合方法です。

ほぞ穴よりも多少大きくほぞを造り組み合わせることで隙間無く、美しい丈夫な継手となります。これを「木殺し」と言い「匠の技」となります。木材の長さは限られていますが、ほぞの継手を用いることで、強度を保ちながら1mの木材を3mに延ばすことも可能となります。

【参考動画】

こちらの動画ではほぞ穴の掘り方について解説されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。