太鼓張り襖(たいこばりふすま)は、太鼓張りで作られた框(かまち)も引き手もつけていない襖のことです。太鼓張りとは建具において、力骨の両面に板や紙を張って内部を中空にしているもののことを意味しています。襖を省略して太鼓張りと呼ばれることもあり、茶室によく利用されます。太鼓張り襖を茶室に利用する利点はいくつかあります。まず、縁をつけないことにより、部屋が広く感じるというメリットがあります。加えて、縁がなく白一色であるので夜咄(よばなし)の茶事などの際には、灯火を映すことで茶席を明るくするのに役立ちます。

他にも、襖の中が空洞になっているという特徴を持っているので、襖を閉めて水屋にいても席中の音が聴こえることも利点といえます。ただ、さまざまなメリットがある一方で、縁がないので襖の開け閉めが難しいというデメリットも存在します。

また、障子を太鼓張りにすると間に空気の層ができるので、ある程度の断熱効果を望めます。しかし、このケースでは室内が薄暗くなってしまうことがあるので注意が必要です。薄暗くなることを嫌って、半透明の紙を貼ることでわざと組子が助けて見えるようにする透かし張り太鼓が利用されることもあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。