系統図は様々な意味を持ち合わせていますが、建築(電気)においては、電気設備の系統の配置が記入されている図面のことを指します。電気の線はとても複雑であり、すべての線を図面に記そうとすると、情報が多すぎて非常に見づらいものとなってしまいます。ですが、系統図を使用すると、設備と設備の間の位置の関係や配管をする順番などがわかりやすくなります。系統図は平面だけでなく断面の図面が作られることもあります。
 
系統図は重要な図面であり、設計図書などにも載せられます。しかしながら、細かい配線図などが書かれているわけではなく、概念的なものである側面が強いです。このため、手書きなどで書かれることも多い図面となります。細かい寸法などが求められているわけではないので、CADなどで書こうとすると、かえって時間がかかることがあります。
 
実際に配線工事をすることになっても、系統図は活躍します。系統図には細かな配線の図が書かれているわけではありません。ですが、電気工事士は系統図を読み解き、それに見合った配線を考えることができます。
 系統図には様々なものがあり、弱電系統図や電力系統図、ダクト系統図や配管系統図など、多種多様な系統図があります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎