測量野帳とは、測量用に作成されたノートで、土木や建設関連の仕事現場に使用されてきました。屋外などで、片手に持って筆記しやすいかつ、耐久性を持たせるようなデザインで、作業着の胸のポケットにすっきり収まる、スリムでコンパクトなスタイルが特徴です。

また、測量野帳は大きく3つに分類できます。1つ目の「レベルブック(LEVEL BOOK)」は、水準儀を用いた測量をするために開発されたものです。レベルとは、水準測量という高さを算出する測量で用いられる機器に由来しています。左のページには測定した高さを記入しやすくするためのマス目のフォーマット、右のページにはメモがしやすいように6mmの罫線が引かれています。2つ目の「トランシットブック(TRANSIT BOOK)」は、地図、土地の面積などを算出する時に必要となる距離や角度の測定データを記入するために使われます。

トランシットとは、角度を計測する測量機器のひとつです。左のページにはマス目のフォーマット、一方右のページにはより細かいマス目が書かれています。3つ目の「スケッチブック(SKETCH BOOK)」は、メモやノートが取りやすくなっています。左のページも右のページも使用しやすい3mm眼罫で、自由度が高いのが特徴です。他にも、カバーや中紙に耐水性の素材が使用されている「耐水タイプ」、かわいらしいデザインが施されている「デザイン重視タイプ」などがあります。

もともとは専門的に使用されてきたノートですが、一般の人からも人気を博しており、オリジナルの使い方の書籍も発売されるほどで、仕事にも趣味にも利用できる優れたノートです。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。