s造とは、鉄骨造を意味する。「s」はstteelの頭文字。鉄骨を用いて建築物の柱・梁などをつないでいる。マンション・高層ビル・工場などの大きな建築物に用いられることが多いが、一般戸建住宅に用いられることもある。建築物の構造には、s造の他にもW造(木造)・RC造(鉄筋コンクリート造)・SRC造(鉄筋鉄骨コンクリート造)がある。

s造は、さらに2つに分類できる。材料の厚みが6mm未満の場合を「軽量鉄骨造」、6mm以上のものを「重量鉄骨造」と呼ぶ。

s造の欠点は耐熱性に劣る点である。もともと鉄は熱伝導率(熱の伝わりやすさ)が大きい特徴があるため、s造の建築物は夏の暑さ・冬の寒さが伝わりやすい。また木造と比べると遮音性に優れているものの、RC造・SRC造と比べると耐震性・遮音性は劣る。

s造の利点は部材をできるだけ小さくできるという点である。RC造の単位重量は24t/m3であるが、s造の単位重量は7.85t/m3とRC造に比べて軽いという特徴がある。そのため、柱の数が少なく長いスパンの梁に利用できる。広い空間をつくることができる。また、RC造・SRC造と比べると工期が短い傾向があり、建築コストも低く抑えられる。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。