階段とは、道路や建築物、公園などのスペースにおいて、高さの違うところを段々につなげる通路である。しかし、階段は通路としてだけではなく、建築物を設計する上でも、重要な役割を持っている。そのため、建築基準法施行令により、階段の幅や数、蹴上げ、そして段板(だんいた)などの寸法が細かく決められている。基本的に階段の高さが3mを超えないように、階段を作るが、二つの高低差が3m以上ある場合には、踊り場を作り、階段をくぎるようにされている。

また階段は主に、「直階段」「かね折れ階段」「折り返し階段」「らせん階段」の4つに分類される。それぞれ特徴があり、建築物の広さや用途、価格によって作り分けることができる。そして、階段は、蹴上げ(けあげ)と段板という大きく分けて二部分で構成されている。蹴上げは、段板と段板を測った高さで、段板は踏面(ふみづけ)とも呼ばれ、階段を上がる時に足を乗せる踏板(ふみいた)のこと。

この段板は、滑り止めや溝を作ったりと、階段を昇るとき滑らないように工夫されていることが多い。
また近年、車いすを利用される高齢者の方や身体障がい者の方のために
踊り場には段差を作らないなどのバリアフリー化も進んでいる。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。