比重とは、ある物質の密度(単位体積あたり質量)と、基準となる標準物質の密度との比のことをいいます。通常、固体及び液体については水(温度を指定しない場合は 4℃)、気体については、同温度、同圧力での空気を基準とします。

密度と比重は混同されやすいが、密度は質量を体積で割った量であり、比重は基準物質と比べた密度比であるという点で異なります。物質が水に浮く・沈むというのは、密度よりも比重の方が判断しやすいです。

建設業においても比重は重要な数値です。

例えばコンクリートの場合は比重より「単位容積質量」や「単位体積重量」といった値で表されるのが一般的になってしまいますが、コンクリート製品やコンクリート塊の質量のおおよその値をざっと計算するためにも、比重の値を憶えておくと良いでしょう。

その他にも、建築材料の特性を捉える上で、比重は重要な値でもあります。値が1よりも大きい場合は水よりも重たいということ。鉄の比重は7.85のため、水に入れると沈んでしまいます。一方、1よりも小さい場合は水よりも軽いことを示しています。木材の場合は1よりも小さい値になることが多いです。樹種によって異なりますが、スギの場合は約0.38なので、水に入れても浮かぶことが分かります。

このように、比重というワードは、建設業においても様々な仕事で関わってくるので、基礎的な比重の知識は必要といえるでしょう。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。