スリットとは建物外壁面や内壁に意図的に設けられた隙間を指します。意匠設計の際や構造設計段階でも多く用いられる言葉です。意匠的に設ける場合はデザインの要素が大きいですが、構造設計の際に用いられるものは耐震スリットといい、鉄筋コンクリート造の建物において雑壁を主構造体の柱や梁から切り離す目的で設けられます。

建築本体だけでなく、住宅の駐車場土間等にスリットを設ける場合もあります。これも基本的には意匠の目的ではなく、土間のクラック防止のためにある程度の面積ごとに区画されていることが要因ですが、このスリットを活用し、植栽や砂利などでデザインを行うこともできます。

スリットの多くは本来構造的なもとして使用されることが多いですが、意匠と構造を切り離して考えるのではなく、構造ありきの意匠設計、意匠設計ありきの構造設計としてとらえることでより設計の幅は広がっていきます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎