現業は、実地で行われる労働業務のことで、工場や屋外での現場仕事のことを意味しています。また、建設会社が現場係員として、その場限りで採用する社員のことを「現業員」といいます。実際に建設会社などの募集要項には、土木作業や舗装作業の現業職員を募集している旨の記載があります。一般的には1年契約が多い傾向にありますが、社員が優秀であったケースでは継続雇用になる可能性も秘めています。

準社員になれる可能性や、入社試験を受けるというケースもあります。さらに、お得意様から信用を得られて仕事が受注できたことにより、職員に採用されたという事例も存在します。

その他、国が実施する事業の中で、生産や販売など経済的性格を有する事業部門のことを意味する場合もあります。具体的には、国有林野や、かつて国営事業とされた郵政、印刷、造幣などです。加えて、そこで働いている人を指すこともあります。地方公共団体でいえば、水道事業、軌道事業、電気事業、ガス事業などが該当します。清掃作業員、用務員、調理員など地方公務員の現業職が存在しています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。