簡易舗装とは、交通量が少ない道路でなされる舗装のことをいう。
昭和39年に、日本道路協会が『簡易舗装要綱』を発行。当時はまだ道路の舗装率が低かったため、道路舗装を急ぐ必要性があった。そのため、未改良道路でも国庫補助できるように、『簡易舗装要綱』でガイドラインを作成した。

要綱では、自動車の交通量が少ない道路での簡易舗装が奨励されていた。トラックなどの重車両があまり通行しないことも条件の1つ。また、水はけが良く、側溝が整備されていることなども良しとしている。

簡易舗装は、3〜4cmの表層と土や砂利を敷いた路盤で構成される。舗装の基礎部分となる路床は作らず、地盤を転圧してから簡易的な舗装を施す。なお、『簡易舗装要綱』の改訂版では、表層の厚さを2.5cmにしても良いとする緩和策が提示されていた。
簡易舗装のメリットは、安価で比較的手間を掛けずに舗装できること。しかし、耐久面ではアスファルトによる通常の舗装より劣る。そのため、特に交通量の多い大型の道路では、簡易舗装後の改良を前提とすべきである。
簡易舗装を含む道路の舗装率は、1970年には全国の一般道路で約15%(一般国道は8割程度)であった。2020年では8割超(一般国道は99.5%)となっている。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。