一般的なサイロとは、普通の倉庫に比べて貯蔵量が大きい農業用の穀物貯蔵施設として建設されているものである。コンクリート製が鋼板製であることがほとんどです。コンクリート製のサイロでは、打ち継ぎ式工法・スライディングフォーム工法・プレキャストコンクリート工法などが採用されています。

鋼板製サイロは溶接またはボルトで接続する。穀類サイロの多くが鋼板製の溶接構造であり、地上であらかじめ円形に組んだ側壁を積み上げていく方式を採用している。

建築業界でサイロといえば、多くはセメントサイロやアスファルト合材サイロのことを指します。

セメントの場合、サイロにセメントを貯蔵しておき、水や骨材・混和剤などと混ぜてコンクリートを製造します。プラントに常設してあるものと移動式のものがあれば、縦型や横型もあり、大きさもさまざまです。

アスファルトの場合は、プラントでサイロに貯蔵しておいた合材をミキサーで骨材やフィラーなどと混合してから、ダンプなどに積んで運搬します。サイロを導入することにより、アスファルト製造の効率化や環境への配慮などを期待できます。市街化調整区域内では開発行為について知事の許可を必要とするが、畜舎やサイロなど農林漁業用建築物を建築するための行為は例外となります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。