シールドは、建設および土木に関する場面でさまざまな意味で使われます。最も一般的な使われ方は、「シールド工法」です。シールド工法は、トンネル掘削方法のひとつです。土砂の掘削と排出、内壁の築造を連続して実施する工法です。具体的には、シールドマシンといわれる掘削機を用いて掘り進めます。

さらに、その後方にセグメントといわれるブロックを組み上げながらトンネルを構築していきます。大きく分けると、「土を削る」、「土を運ぶ」、「前進」、「セグメントの組み立て」の4つの作業を繰り返すことで作業が進みます。トンネルが掘り終わったら、シールドマシンは解体されます。実際はこの後に道路を支えるための舗装工事が行われます。最終的には、照明や換気の設備が設けられたらトンネルの完成です。

また、シールド工法は軟弱な地盤でも掘り進められることがメリットとしてあげられます。特に1,350mm以上の管径かつ、500mから1,500mほどの長距離を施工する場合に効果的な施工方法だとされています。シールド工法の事例としてよく知られているのは「東京湾アクアライン」の例です。加えて、地下鉄工事など身近なインフラ開発の場面でも用いられます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。