シャフトとは、設備配管やエレベーターのために建物の縦方向に貫通しているスペースのことをいいます。また、シャフトを配管が占有しているものをパイプシャフト、エレベーターが占有しているものをエレベーターシャフトと呼びます。その他、吹き抜けのことをシャフトと呼ぶこともあります。

 

パイプシャフトとは、給水管や排水管、ガス管などがまとまって通っている空間のことを指しています。一般的には住宅の上の階と下の階を貫通するように作られており、キッチンや浴室、洗面所から排水と、トイレからの排水の2カ所設置されていることが多いです。また、リフォームの観点からみると大きな制約になることがあるので注意が必要です。

 

エレベーターシャフトとは、エレベーターが走行する縦穴状の空間のことを指しています。鉄筋コンクリートや鉄骨などの材料で構成されていることが多いのが特徴です。シャフト部材と機器本体を工場で製作し、現場にて据付するタイプの一体型があります。シャフト部分は、停止階をその床面積を容積率に算入するものとされていましたが、バリアフリーの観点から2014年より全ての建築物で、全ての階において容積率に参入しないこととなりました。

 

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。