SFMはStructure from Motionを略したもの。ドローンを使用して空撮することにより、異なる視点の画像データから三次元形状を復元する技術のことである。
ドローンで撮影した複数枚の画像をSFMソフトに入力し、ソフトが自動的に画像データを解析する。画像を比較していき、一致する特徴点から点群を生成。しばらくソフトに解析させておけば点群の作成が完了し、三次元形状を復元できる。

地形や建物など大型の物体を撮影する場合、対象物に対して平行移動で撮影する。ただし、正面から撮影した画像ばかりだと実際とは異なる歪みが生じるため、わずかに角度を変えて撮影した画像を追加する。対象物体がブレていたり、画像にノイズが入っていたりすると、期待するほどの成果を得られない可能性が高い。

これまでドローンを操縦するための免許や認定資格は、民間のものが複数存在していた。2022年より、ドローンの操縦が国家資格の免許制となる。民間で資格を取得した場合は、国家試験の一部が免除となる。
ドローンビジネスの市場規模は年々上昇傾向にあり、土木・建設現場でもドローン測量が活用されるようになった。そのため、SFMは今後建築業界でも大いに活用されるとの予想もある。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。