定着は、鉄筋やアンカーボルトがコンクリートから抜け出すことのないように、規定の長さを確保して、接合部の相手側のコンクリートに固定することです。鉄筋コンクリート造の建物では、いたるところで使用されるほど重要です。定着の手法は、大きく2種類あります。「直線定着」は、真っすぐに定着することを意味しています。引っ張ると抜けやすいというデメリットがあり、定着長さが長くなるという特徴があります。

「フック付き定着」は、折れ曲がって定着することを意味しています。フックがあることでコンクリートにひっかかり、鉄筋が抜けにくくなるという特徴があります。そのため、定着長さは短い傾向にあります。フックの角度や長さにルールがあるため、覚えなければならないことが多いので注意が必要です。

また、鉄筋の定着長さは、「コンクリートの設計基準強度」、「鉄筋径数」、「鉄筋の材質」で決定されています。コンクリートの設計基準強度が大きければ短くなり、鉄筋の材質が高強度になれば長くなるという特徴を持っています。直線のケースでは、「L2」、フック付きのケースでは「L2h」といいます。定着長さを確保できていない場合、各部材が地震などの外的衝撃や、老朽化によって容易に分離崩壊してしまうので要注意です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。