竿縁天井(さおぶちてんじょう)とは、和室の天井仕上げの一つです。竿縁と呼ばれる細長い部材を、1〜1.5尺(約300〜450mm)間隔で平行に渡し、その上に直交する向きで天井板を並べます。竿縁が天井板を支える構造で、一般的な和室の天井として広く用いられている工法です。無垢材の天井板を使う場合は、反りを防ぐために端を薄く削って重ね合わせていく「羽重ね張り」をし、「稲子」という部材をあてて連結します。そのため「イナゴ天井」とも呼ばれています。

竿縁は1寸角(約30mm角)程度で、スギなどの柾目材を使うのが一般的ですが、茶室では竹や皮付きの小丸太といった装飾的な木材も使われます。また竿縁を2本ずつ並べて入れる「吹き寄せ竿縁天井」と呼ばれる仕上げも見られます。天井板は無垢材または化粧合板で、1~1.5尺程度の幅です。スギ、ヒノキ、ヒバなどの柾目、杢目どちらも用いられます。天井板は、部屋へ入った時に羽重ね部分の木端が見えないよう、入り口側から張り始めるのが良いとされています。
竿縁は、和室の長手方向に入れる、縁側に対して直角に入れるといった基本的な決まりがありますが、もっとも大切なのは、床の間に対して直角に入れないことです。竿縁が床の間に向かうのは「床刺し」と言われており、必ず避けなければなりません。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎