ラフタークレーンとは、正式にはラフテレーンクレーンという。(rough terrain)英語で不整地の意味です。ラフタークレーンは自走式クレーンの一種です。運転席は1つだけで、車両走行もクレーン操作も同じ運転席で行います。加藤製作所が「ラフター」の商標を登録している。

外観はクレーンにタイヤが付いた車体。車両としての走行とクレーンの操作を、1つの運転席で行えるのが最大の特徴である。すべてを操縦するには、大型特殊免許と移動式クレーン運転士の免許が必要。

運転席を移動せずにクレーンを操作できる効率の良さが長所です。また、四輪駆動・四輪操舵のため機動性が高く、悪路・狭路や軟弱な地盤での走行や作業に適しています。

ブーム(クレーンが物を持ち上げるための人でいう腕のような部分)は最大で40mを超えるものもあるが、6m〜10mぐらいまでの長さに収められるため、公道でも走行が可能です。ただし、最高速度は50km/hと遅いため、長距離走行には向いてません。また、急な坂道ではスピードを出せないため、坂や交通量の多い場所では渋滞の原因となることもあリます。

クレーンとして使用する場合、アウトリガーと呼ばれる装置を車体の両側面に出す。アウトリガーに車体の全重量を掛けて車体を安定させる。地面の陥没を防止するため、鉄板などを敷かなければならない。
ラフターの大きさは、最大吊り上げ荷重で表すことが通例となっている。その場合、「25tのラフター」などと表現。大きいもので100t以上のラフターが存在。

クレーンで吊り上げられる物の重量制限があり、ラフタークレーンは100トン未満と、クレーンの中ではやや少ない方です。

ラフタークレーンを運転するために必要な免許は、大型特殊免許と移動式クレーン運転士の2つのみで、大型免許では運転できません。似たもので大型自動車扱いのトラッククレーンもあるが、走行とクレーン操作の運転席が分かれているのが大きな違いです。

ラフター同様に動力の上にクレーンが乗っている移動式クレーンに分類されるのは、トラッククレーン・ホイールクレーン・クローラー(キャタピラ)クレーン・ロコ(鉄道)クレーン・フローティング(浮き)クレーンなど。トラッククレーンはラフターと違い、車両とクレーンの操縦を別々の運転席で行う。ホイールクレーンはタイヤが付属するクレーンの総称で、ラフターや三輪式のクレーンなども含まれる。

 

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。