建築の分野でRehabilitate Operate(リハビリテート・オペレート)は、ROと略されることが多いです。ROとは、民間の事業者が公共施設整備のようなプロジェクトに資金を投入して改修工事などを行った後に、その施設の維持管理や運営を継続する方式をいう。公共施設の所有権は公共のままで、民間には移転しない。

PFI(Private Finance Initiative)と呼ばれる、公共が直接施設を整備せず、民間資金を利用して民間に施設整備と公共サービスの提供を委ねる手法の一種である。所有権の取り扱いなどで、BTO・BOT・BOO・ ROに分類。

所有権が民間に移譲されるBTO・BOT・BOOよりも、公共が所有権を有したままのROのほうが一般的に事業継続のリスクが少ないとされる。

PFIを導入することにより、民間の持つノウハウを生かし、利用者への安くて質の良い公共サービスの提供を望める。また、公共と民間が手を組むことで、効率的なリスクの管理や良好な競争環境の構築なども期待できる。ただし、民間に幅広い業務を任せることになるため、行政の管理や指導に労力がかかる。事前の手続きに要する業務が増え、時間も必要となる。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。