ロールアウトとは、1920年頃に生み出された工法で、ガラスの製造方法および加工方法のことを意味しています。一般的には、2本の冷却ロールの間に溶かしたガラスを通して製造、加工します。製造までの大きな流れは、まずロールの下部側に模様を刻み込むことで表面を加工。さらに、ロールの奥に徐冷窯があり、そこで冷えて固まったものを希望する形状にカットすることで、最終的な製品の形に仕上げます。

また、造られるガラスには、片面に型の模様が刻まれている「型板ガラス」や「網入りガラス」があります。網入りガラスのケースでは、ガイドロールと呼ばれる装置が使われます。金網をガイドロールに沿わせて、溶融ガラスと合体させた後、ロールから取り出します。

その他、ロールアウトはガラス製造技術の中でも、機械を使った大量生産の方法に分類されています。他にもガラスの大量生産の方法はいくつか存在し、「蓄熱式加熱法」は、近代以降のガラス工業生産の時代を切り開いた工法です。「フルコール法」は、1928年(昭和3年)に旭硝子が取り入れた工法として有名です。「フロート法」は、1959年(昭和34年)に誕生した工法で、現在まで長く続いている工業用ガラスのスタンダードです。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎