レップとは、「Representative、リプレセンタティブ」の略称として捉えた場合、代理、窓口、担当者という意味を持ち、不動産業界の商業用語として「テナントレップ、英語:Tenant Representative」という言葉があります。

「テナントレップ」とは、主にクライアントを外資系企業を相手として、海外から日本へ進出、または拠点を設ける際に、オフィスの移転や店舗出店の一連業務、借地オーナーとの交渉、契約管理に至るまで、代理人として広範に渡って業務を引き受けることを指します。

また、レップを「Reproduction、リプロダクション」の略称として捉えた場合、再生、再生産、復元という意味を持ち、大成建設株式会社による超高層建物の環境配慮型閉鎖型解体工法「テコレップシステム、TECOREP System:Taisei Ecological Reproduction System」を挙げることができます。

100mを超える高層建物は1980年代に建設が本格化し、現在に至っては建て替え需要に伴う大型解体案件の増加が予想されます。

在来解体工法では、大掛かりな養生足場と防音パネルを配置し、クローラークレーンによって大型重機を最上階へ揚げた、圧砕による解体が主流であり、強風による工事騒音や粉じんの拡散、密集地での飛来落下物への対策が課題となる他、工事期間中に発生する恐れとしての台風や地震などの天災を考慮した対象物全体としての構造的安全性を確保することが困難な状況です。

テコレップシステムの特徴は、建物最上部近傍の側面と上面に巨大な仮設キャップを1~2フロアーの領域に被せるように覆い、閉鎖された空間の中で作業を進め、進捗に合わせて仮設キャップ全体をジャッキダウンできること、工事作業空間の上面を覆うことで騒音や粉じんの拡散を大幅に低減できること、解体で生じる部材は、内部天井面に設置した水平方向のクレーンと荷卸し用の垂直クレーンによって、建物内部で移動、搬出ができること、内部での解体作業は、重機による圧砕工法、カッター工法と天井走行クレーンとの併用ができること、さらに、上層階から解体部材を吊り降ろす際に位置エネルギーによる「荷卸し発電」を行って得た回生電力を蓄電装置に蓄え、垂直搬送機の稼働に必要な電力量をカバーし、補助電源としても利用できることです。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎