建築の現場ではさまざまなポールが登場します。建築業界でポールといえば、一般的には測量の道具です。測棹とも呼ばれています。測量の際の目標、尺度として用いられる木製の棒のことです。

直径は約3cm、長さは2m~4mほどです。20cm~30cmごとに赤白で交互に塗られています。見た目の特色から、紅白ポールなどと呼ばれることもあります。近年は測量のためのさまざまなポールも登場してきました。たとえば、逆目盛検測桿は目盛が付いた伸縮棒で、幅広く測定できます。

測棹ポールは各種工事や建設前の測量に使われます。伸縮する長さがある逆目盛検測桿なら、さらに用途が豊富です。たとえば、以下のような測定や測量に使えます。トラックやトレーラーなどの積み荷の高さの測定。建築資材や設備などを運ぶ際に、制限内に収まるかの測定。陸橋の高さや道路の法面の長さ測定もスムーズです。道路工事設計、いわゆる積算に利用できます。トンネルの入口の高さ測定、樹木の高さや樹冠測定も簡単にできます。標識や看板の高さ測定にも利用されています。ビルや家屋の測定をはじめ、土地家屋調査にも活用できます。建築現場や工場などでボイラーの内径測定も可能です。

電線の高さや電柱・鉄塔の高さの測定もできますが、変電所内や送配電線下、線路などで使う場合は注意が必要です。間隔測定稈耐電圧試験成績書付きのポールを使用しましょう。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。