軒樋は「のきとい」または「のきどい」と読む。屋根の軒先に横向きに設置されている。
軒樋は半円形か角型(箱型)になっていて、筒状のものを半分にカットしたような形状になっている。塩化ビニールでできたものが多く、アルミやステンレスなど金属製の軒樋もある。

屋根に落ちた雨水を軒樋に集めて、地面に流す仕組みとなっている。軒樋がない場合、屋根が破損して建物が侵食・損壊するおそれがある。また、スムーズに雨水を地面に流すことで、水溜りなどができないようになる。
軒樋を交換する場合は、まず旧存の軒樋を撤去し、金具などもすべて外す。金具が付いていた跡の穴をコーキング剤などで埋めたら、勾配を計算して軒樋を新たに設置する。縦樋や集水器、エルボ(継手)などもすべて交換する。

軒樋の金具を設置する間隔は、軒樋の種類や屋根の勾配、気象条件などで変わる。降雪のある地域では45〜60cm、降雪がない地域はおよそ1m間隔で取り付ける。ただし、コーキングで穴を埋めた場所を避けて金具を設置しなければならない。
軒樋はゴミや落ち葉などで詰まると排水機能が低下し、雨漏りの原因にもなる。防止策として、定期的な軒樋の清掃や落ち葉防止ネットの設置が有効である。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。