PSEマークは電気用品安全法に基づいた電気用品に付いています。PはProduct、SはSafetyの略です。EはElectrical Appliancesの略です。Electrical Materialsの略です。電気用品安全法は電気用品の安全性確保について定める法律で、電気用品の製造・輸入・販売について規制する法律でもあります。製造販売事業者の自主的な活動を求めて危険や障害を防止します。

PSEマークは全ての電気用品に付けられるわけではありません。特に安全性を重視すべき、116品目が指定されており、電気温水器やACアダプター、電源ケーブルなどです。ゴム系や合成樹脂系の絶縁電線類、ヒューズなども該当します。登録検査機関による適合性検査と工場検査が必ず求められ、検査に合格した製品には、菱形のPSEマークが付けられます。

また、特定電気用品以外の電気用品に指定された341品目もあり、モバイルバッテリーや音響機器などが当てはまります。こちらは第三者機関での検査は任意となります。外部の検査機関や自主検査を行い、基準を満たすか確認できます。電気用品安全法の基準を満たせば丸形のPSEマークを付けることができます。

一定の電気用品は、PSEマークを得ることが必要です。製造メーカーや輸入業者だけでなく、販売業者の義務もあります。PSEマークを確認してから販売しなくてはなりません。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。