「プロテクター」(protector)とは、「保護するもの」「保護者」「防護用具」といった意味の言葉である。
建築では、人間の身体の安全を図るものとして「プロテクター」や「安全衛生保護具」などといった言葉が使われている。ただし、労働安全衛生規則では「保護具」という言葉に統一されている。事業者は、労働者に高温・寒冷または害を被るおそれがある業務のために、保護具(プロテクター)を備えることが義務付けられている。

安全具の種類はとても多く、頭部だけでもヘルメット・安全帽・保護面・安全メガネ・イヤープロテクターなど多岐に渡る。保護手袋・安全靴・安全帯も保護具。防塵マスク・ガスマスク・耳栓といった、身体の内部を保護するものも保護具として規定されている。

保護具(プロテクター)は正しく装着しないと効果を発揮しない。一例として、ヘルメットの場合はヘッドバンドを頭の大きさに調節する・あご紐は緩みがないようにきちんと締める・後ろに傾けずに深く真っ直ぐかぶる、などが必要。
保護具(プロテクター)の保管にも注意が求められる。特に絶縁手袋や絶縁ゴム長靴といった、絶縁用ゴムを使用するものは、絶縁性能が劣化しないように取り扱わなければならない。ホコリや湿気、日光などを避けて保管して、釘などの突起物で損傷しないようにする。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎