歩掛とは工事の見積もりを行う際に用いる、各工事・各作業を完了するのに必要な手間を指します。1人の作業員の1日の労働賃金(円/日)を1日8時間として時間単価(円/時)を割り出し、それに作業時間をかけたものが労働歩掛となります。

そしてこれを1日(8時間)行った際の作業量を人工といいます。類似しているように感じますが、歩掛は特定の一つの作業を完了するのに要する作業量、人工は、1日に行うことができる特定の作業の作業量を表しています。

これらは施工会社によって設定がまちまちですが、公共工事においては標準歩掛として、公共建築工事標準短歌積算基準上で各施工にかかる歩掛が細かく設定されています。また、これらの労働歩掛以外にも、概ねの構造材の数量を算出するための数量歩掛などもあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎