ピロティとは、建築物の1階部分に壁がなく、2階の重みを柱だけで支えた空間のことをいう。ピロティはフランス語で杭の意。
1930年代に、フランスの建築家ル・コルビュジェがピロティを広く知らしめた。個人邸宅の設計で取り入れたのが始まり。

ピロティを駐車スペースや作業場などとして利用できるため、一般住宅やマンション、オフィスビルなどさまざまな場所で採用されるようになった。また、大学などの公共施設においては、掲示板や自動販売機などが設置されているスペースをピロティと呼ぶこともある。
ピロティはさまざまな使い方ができ、さらに外観がすっきりと見える。また、ピロティ部分と2階以上を区切って使用できるため、プライバシーも考慮できる。

ただし、2階以上を住居として利用するため、バリアフリー対策としてエレベーターを設置する必要が出てくる。さらに、柱の少ない構造であるため耐震性の問題がある。設計の段階から十分に考慮しなければならない。
建築基準法では、主に通行専用のピロティであれば、建築基準法上の床面積には含まない。ただし、自動車車庫として使用する場合には床面積に含めなければならない。いずれの場合にも、ピロティは建築面積に含める必要がある。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。