付け柱(付柱とも表記)とは、装飾用に取り付けられた柱のことである。構造上は特に必要なものではなく、壁面に取り付けて柱のように見せる。
付け柱は古代ギリシャやローマの建築ですでに採用されていた。ルネッサンス時代や19世紀以降の建築でも随所に見られる。断面が単純な長方形のものから彫刻が施されたものまで、多くの様式がある。

日本でも室町時代頃に書院造りが成立し、付け柱が設置されるようになった。もとは読書などをするための付書院(付け書院)と呼ばれる開口部が設置され、その外側に付け柱が作られていた。のちに付書院は机としての機能がなくなり、明かり障子や棚・付け柱などを据え付け、和風建築における出窓のようなデザインとしての機能が期待されている。

付け柱はあくまでも装飾用のため、耐力は問われない。そのため、スギやヒノキだけでなく、人工木なども用いられる。古民家の雰囲気を出すために、廃材を再利用して付け柱にするケースも。
付け柱と似たものに片蓋柱(かたふたばしら)がある。付け柱と同様、建築物の荷重を支える役割はなく、デザインとして取り付けられるもの。しかし、付け柱は壁面より外側に設置するのに対して、片蓋柱は通常の柱と同じ柱面となる。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。